先輩を知るSENIOR

No.9

菊地 茂
Shigeru Kikuchi

Hawaii District Manager

[2006年中途入社]

ホスピタリティビジネスに興味を持ち、専門学校に入学してホテルでプロのサービスや外国語を学びました。学生時代に海外留学を経験し、海外で働きたい気持ちからWDI GROUPへ。いったん別会社に転職しましたが縁あって再入社しました。

レストラン×グローバル=WDI GROUP

レストラン×グローバル=
WDI GROUP

留学から帰国後、一つの国に留まることなく国際人として幅広い知識を持った人間に成長したいという願望が強くなり、アメリカのレストランで働くのが夢になりました。WDI GROUPは、活発に海外事業を展開しておりとても魅力的な会社で、1998年に学校を卒業するとWDI GROUPが運営するレストランに勤務しました。

レストラン×グローバル=WDI グループ

途中、別会社に転職したのですが、WDI GROUPの仲間との交流は続き、私が海外勤務を希望していたことを覚えていてくれたことから、WDI GROUPがハワイに新店舗を出すタイミングで声をかけられました。当時、英会話の上達や海外での生活基盤を早く築きたかったので、勇んでプロジェクトへの参画を希望。会社に就労ビザの取得をサポートしてもらい、再入社から半年後に渡米しました。

視野を広げ、人脈を広げる

視野を広げ、人脈を広げる

ハワイに来て、まず「タオルミーナ」というシチリア料理の店舗の立ち上げに関わりました。ゼネラルマネジャーとして、接客から計数管理、スタッフトレーニングやメニュー開発などの店舗運営に従事しました。世界各国の人々と交流することで、ビジネスで必要とされる語学力や交渉力がかなり鍛えられました。日本では感じることのなかった価値観、常識の違いに戸惑うこともありましたが、自分の視野が広がっていく感覚は、やはりグローバルビジネスならではの醍醐味です。日本の‘おもてなしマインド’をアメリカ人に教えるのは難しい面もありましたが、彼らの仕事を何度もチェックし、根気よく指導すると、スタッフの気持ちも近づいてきました。

視野を広げ、人脈を広げる

日本人が創り出す料理は繊細でおいしいとの評判が上がり、本場の味を知るイタリア人のお客様が、滞在中毎日お店に食べに来てくれたのはうれしい経験です。
観光の中心であるワイキキからローカルへと新規出店が続くなかで、地元有力者の方々と接する機会も増え、ハワイでの人脈も広がりました。また、パートナー企業との共同事業は、WDI GROUPと異なる文化に触れられて新鮮です。あらためて自分が働く会社の良さも再認識できたと思います。

ハワイを丸ごと任される

2015年からハワイにあるWDI GROUP全店舗を統括するマネジャーになりました。店舗と本部の運営および500名を超える現地のスタッフの管理をすべて任されています。現地の企業や旅行会社などへ営業に回ったりしますが、メインは店舗のサポートです。何らかの理由で店舗運営や業績が不調な場合、チームと共に精査し、改善していきます。売上が再び向上したときは大きな手応えを感じます。
一方、ハワイでのレストラン事業の推進役として、新規出店や新規事業を起こす為の調査を開発メンバーと実施します。常に経営戦略的な観点からものを見たり判断が求められるため重責ですが、新しいことにチャレンジするたびに自分の成長を実感します。

家族・仲間とハワイを愉しむ

休日の過ごし方
家族・仲間とハワイをたのしむ

ハワイに拠点を移してから11年が経ちました。今では妻子共々、ハワイでの生活を満喫しています。緊急の場合、直ぐに職場に駆けつけられるよう、休日であっても心構えはしておきます。とはいえ、なるべく仕事のことは考えず、妻や子ども、友人とのオフの時間をたのしみます。食べたい物を食べ、おいしいお酒を飲み、適度に運動をする。サッカー、サーフィン、ゴルフ、ランニングやハイキングなど、たくさんのアクティビティーにトライできるのはハワイならではの魅力です。

家族・仲間とハワイを愉しむ
未来のWDI社員へのメッセージ

未来のWDI社員へのメッセージ

WDI GROUPの理念「ダイニングカルチャーで世界をつなぐ」は本当にその通りだと思います。おいしさの評判が広まっていくにつれ、私たちの料理を求めて世界中から多くの人が訪れ、うれしそうにしている人たちを見ると、おいしい料理でまさに世界中の人々と繋がっている事を実感することができます。
海外で働く際に必要になるのは現地の人・文化・流行を理解することです。現地の仲間と可能な限り時間を共にして職場の外で人脈を広げていけば、多くの考えを理解できるようになります。異文化交流に興味がある人や日本文化の良さを外国の方へ伝えたい人にとって、WDI GROUPはぴったりな活躍の舞台と言えるでしょう。入社した後も自分を磨き続け、流行に敏感なカッコいいレストランパーソンになってださい。そうすれば将来、部下にとって憧れの人になっていると思います。